東京や名古屋、大阪などの近郊地区で通勤をしている人は鉄道に乗るときには特に作業は必要ありません。

積極的に行動して海外旅行に行く

海外で鉄道旅行するときの車両の事情

東京や名古屋、大阪などの近郊地区で通勤をしている人は鉄道に乗るときには特に作業は必要ありません。扉は自動的に開いて自動的に閉じます。これは車掌が行ってくれています。これが寒冷地になると少し様子が変わります。寒冷地は非常に寒く少し開けているだけでも車内が寒くなります。そのため無用に扉を開けません。夏の間は自動で開く所でも冬の間は手動のところがあります。

海外に鉄道旅行をしようとするときはその国の車両の事情を知っておくようにします。事前の情報では最新の車両の情報しか入れていないかもしれません。最新の車両ですから日本の車両に負けず劣らず最新の設備が設置されています。しかし最新の車両だけが走っているわけではなくかなり古い車両も走っています。そういった車両だと通常通りに乗り降りできないことがあります。

ヨーロッパなどでは日本の寒冷地のように乗るときに扉が開かないことがあります。手動であける必要があります。閉めるときは車掌が閉めてくれます。また車両に乗り込むときに段差が大きい場合があります。スーツケースなどを持っているとき、持ちながら入るのはかなり難しいです。先にスーツケースを車内に入れてから自分自身が乗り込むようにしなければいけません。駅員に助けてもらうこともあります。

Copyright (C)2019積極的に行動して海外旅行に行く.All rights reserved.